がん保険・がんと闘うための準備

医療の進歩により、早期治療をすればがんは治る病気になりました。
近年がん治療の進歩は目覚ましく、がんによる生存率は大幅に増えています。
早期がんの三年生存率について調べてみました。
胃がんは86.7%、直腸がんは90.2%、結腸がんは85.7%、乳がんは97.4%、子宮がんは92.8%となっています。
どれもかなり高い確率で克服しているといえますよね。
がんは治らない病気ではなくなってきました。
ですから今がん治療に一番必要なのは、経済的な準備なのです。
がん治療のために必要な費用は、医療の進歩にともなってどんどん高額になってきています。
おもながんの入院治療の費用についても調べてみました。
胃がんだと、平均入院日数が約42日で入院一日当たりの診療行為費用が25,774円なので入院治療費の合計が約108万円。
気管、気管支、肺がんだと、平均入院日数が約45日で入院一日あたりの診療行為費用が24,172円なので入院治療費の合計が約109万円。
子宮がんだと、平均入院日数が約35日で入院一日あたりの診療行為費用が25,283円なので入院治療費の合計が約88万円。
白血病だと、平均入院日数が約65日で入院一日当たりの診療行為費用が46,549円なので入院治療費の合計が約303万円となります。
どれもとても高額でびっくりする金額ですよね。
経済的な不安があっては治るものも治りません。
がんとしっかり向き合って闘うためにも、がん保険について一度考えてみましょう。
| がん保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がん保険(特約)

がん保険の加入を検討している方でがん保険というよりは、保険についてよく分からないという方も多いのではないでしょうかexclamation&question
そこでみなさんが疑問に思っていることをまとめてみたいと思います。
今回は「特約」についてです。
この特約という言葉は保険について調べていると何度も出てきますよね。
特約とは「特別約款」のことで、主契約に付け加えるオプションの契約のことを言います。
特約には入院特約・手術特約・特定疾病給付・女性特定疾病特約などさまざまなものがあります。
主契約に付け加えることによって万が一のときの主契約の保障をもっと充実させたり、ケガや病気に備えたりすることができるのです。
最近では、解約返戻金死亡保険金をなくして安い保険料を実現させたものや、さまざまな事故や疾病に対する保障が手厚くなったものなどが出てきています。
しかし特約というものは主契約があってこその特約なので、特約のみで契約することはできませんのでご注意ください。
たとえばアフラックの「特約MAX」は、がん保険にプラスすることによってがん以外の病気やケガもまとめて保障してくれるというものになっています。
がんによる入院はがん保険で保障されますが、がん以外のほとんどの病気やケガの入院も保障されるのです。
そしてがん保険の被保険者の範囲内なら、保障の必要な人を選んで保障することもできます。
主契約のがん保険が家族契約だという場合は、配偶者のみ・子供のみでも契約が可能だということです。
特約ですので保険料も割安になっており、さらに安心できるということなのです。
| がん保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がん保険(終身型タイプ・定期型タイプ)

皆さん御存知のように日本人の死因のトップは、がんですね。
ですが、いまや早期に治療をすれば治る病気となっているがん
がん保険には終身型タイプ定期型タイプがあることをご存じでしたか?
今回はがん保険終身型タイプ定期型タイプについて比較してみたいと思います。
がん保険終身型タイプというものは、そのままの意味で保険期間が終身というもので、保障が一生涯続きます。
更新しても保険料は契約時のままなので、保険料が上がるということはありません。
保険料がいきなり上がって困ってしまうということがないので安心ですよ。
しかし、その分契約時から保険料が少し高めに設定されているということがデメリットといえるところでしょう。
近頃では、解約時にお金が戻ってこないタイプや、あるいは低減されたタイプで、保険料が割安となっているものも登場しているようです。
次に定期型タイプについてですが、定期型のがん保険というのは、保障される期間が一定の期間となっている医療保険です。
ほとんどの場合は10年だそうです。
定期型タイプの多くは、80歳になるまでその間の健康状態にかかわらず、更新が可能です。
終身型タイプがん保険に比べると、契約時の保険料が安く設定されていることがメリットといえます。
家計の負担にならないのがうれしいですね。
しかし更新されるたびに保険料は上がっていきます。
もしも長期間加入した場合の保険料の払込金額は、終身型タイプよりも高くなってしまう場合があるのでお気を付けください。
終身型タイプ定期型タイプのこの二つのタイプをよく知って、ご自分に合ったがん保険を選んでください。
| がん保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性のがん保険

最近「女性のがん保険」が人気だそうです。
女性のがん保険」とは、女性疾病(子宮がん・乳がんetc・・・)に限るがん保険のことです。
普通のがん保険と一体なにがどう違うのでしょうか?
今回は女性がん保険について調べてみました。
普通のがん保険でも、女性疾病でしかも悪性の場合、もちろん保障を受けることができます。
しかし「女性がん保険」に加入すると、女性疾病に関しては普通のがん保険よりもさらに充実した保障が受けられるのです。
女性のがんというのは、近頃では若い女性にも増加の傾向にある乳がんや、子宮がんなどです。
子宮がんは女性特有のがんでは、乳がんの次に多いとされています。
そして女性がん保険の最大の特徴といえば、がんそのもの以外の保障を受けることができるというところです。
女性のがんというと、がんそのものの治療の費用だけでは済まないことが多いのです。
たとえば乳がんで乳房を切除する手術を受けた場合、乳房を作るなどの形成費用が必要になります。
その費用が保障されるということなのです。
他にも、抗がん剤の治療などで髪の毛が抜けてしまってかつらにする場合の費用や、子供がいる場合の託児所の費用、家事をお願いする場合のヘルパーさんの費用なども保障されます。
通常のがん保険よりも多くの負担が減らせるのです。
このように入院してから退院後までにかかる、保険の対象にならない費用は、ただ単にがん保険や医療保険に入っていただけではまかなえないですよね。
女性ががん保険に入る場合には、このような保険があるということも知って、検討する必要があると思います。
男性と女性では気に掛けるところが違ってきますので、女性にうれしい保障がたっぷりなこの保険は私もオススメです。
| がん保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がん保険「待ち期間」「不填補期間」

がん保険の「不てん補期間」と「待ち(待機)期間」について説明したいと思います。
意外と知らない この部分を分かっていないと後からいざと言う時に役に立ちませんふらふら
まずは待ち(待機)期間についてです。
がん保険というものは通常の医療保険とは違い、一般的には保障の開始日(申し込み、告知、初回保険料の支払いが済んだ日)から90日後から保険が適用されます。
この90日間の期間のことを待ち期間といいます。
期間内にがんが発見された場合はそのがん保険は無効となり、それまでに支払った保険料は返金されます。
通販でがん保険の申し込みをした場合、保障開始日まで2か月近くかかってしまうことがあります。
その場合、がん保険が適用されるまでには待ち(待機)期間を足すと5か月近くかかってしまうのです。
通販だと行く手間は省けますが、それよりも直接保険のお店に行って契約するのが良さそうですね。
次に不填補(不てん補)期間についてです。
不填補(不てん補)期間とは、その名の通り保障の対象にならない期間のことをいいます。
各保険会社や商品によって不填補(不てん補)期間内の条件は異なっています。
たとえば保障開始日から90日間は病気の保障が無かったり、契約前や不填補(不てん補)期間中に発病しても入院、手術、通院の給付金は支払い対象にならないというようなパターンがあります。
契約内容をよく確認して、納得された上で加入してくださいね。
| がん保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフラック(優しいがん保険)

今回もまたまたアフラックがん保険をご紹介したいと思います。
普通、がん保険ですと、(生命保険も同様ですが)過去にがんだと診断されたことがある場合は、もうがん保険には加入できません。
しかしそんな方にもうれしい保険があるのです。
それがアフラックの「優しいがん保険」です。
今回は「優しいがん保険」の特徴と保障内容についてご説明します。
先ほどもお話ししたようにこの保険の大きな特徴は、過去にがんにかかったことがある方でも入ることができるという保険です。
ただし、がんの治療を受けた最後の日から、10年以上経過していなければいけません。
年齢も満50歳から満80歳の方のみとなります。
そして医師の審査は必要ありません。
ただし健康状態がよくない場合は契約できないということもあります。
これは他の契約者との公平をはかるためなので仕方がないですね。
それに、今現在入院中の方や、入院、手術を勧められている方は契約することができません。
入院給付金については、入院していた日数や入退院の回数に制限はなく、そして在宅療養給付金も回数に制限がないのでそのつど受け取ることができます。
保険料については加入時の年齢によって決まります。
終身保険となりますので、更新によって保険料が上がるなどということはありません。
この保険には制限があります。
まずは契約の方法ですがご自身のみを対象とする保険なので、ご家族の方を保険の対象とすることはできません。
被保険者ひとりにつき、一口のみの契約となります。
そして手術特約を付け加えるということもできません。
契約内容をしっかりと確認して、納得されてから加入するようにしましょう。

がん保険 単独での加入

私も普通の生命保険の他にアフラックで単独でがん保険に入っていますが、がん保険について調べていると、単独加入が良いということを知りました。
では、どうして単独加入が良いかと言うと・・・
今回はその単独加入について説明したいと思います。
保険の商品によっては、「家族加入」ができる商品もあり、主な被保険者と従たる被保険者を設定して入るというもので、「家族特約」とは異なるものです。
家族型というものはひとりひとりが加入するよりも料金が安くなっていますが、夫が主たる被保険者である場合は従たる被保険者の妻子は夫の保障金額の6割程度の保障額しか設定できないというものが多いのです。
家族型は子供の多い家庭にはお得なタイプです。
子供が少なくて家族型で加入したいと考えている方は、主たる被保険者が死亡したり高度障害の場合の保険がどうなるかを確認してからにしましょう。
そして「家族特約」の場合、主の契約者が死亡すると消滅しますが、家族型というのは保険会社によって扱いが違います。
保険が消滅してしまうと、妻が病気で他の保険の加入が困難なときに困ってしまいます。
中には保険料が免除され契約が続くものもありますが、保険料はその分高くなってしまいます。
しかし最近では妻子の給付割合が8割程度まで拡大した保険会社もあり、選択肢は増えてきているようです。
これを選べば問題はなさそうですね。
他にも家族型で加入して離婚してしまった場合や被保険者が亡くなった場合、ご自身が被保険者でなければ現在の年齢の保険料で一から加入する必要があります。
加入時点の健康状態が悪ければ、保険に入りたくても入れない場合もあるのです。
長い人生何が起こるかわからないので、やはり健康なうちに単独加入するのがいいのではないでしょうか。
| がん保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がん保険を選ぶ時のポイント

がん保険と言っても、今は保険会社もたくさんあり外資系の保険会社も参入し、どんなところに注目して加入したら良いのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はがん保険を選ぶポイントについてまとめてみました。
がん保険に加入する際にまず迷うのは、定期型にするか終身型にするかということだと思います。
定期型とは一定期間だけの保障で、10年で満了になるものがほとんどです。
保険料は年齢が上がるにつれて高額になっていきます。
終身型とはその名の通り一生涯の保障で保険料も契約時と変わりません。
しかし定期型の保険料と比べると少し高めの設定になっています。
定期型にするか終身型にするか選ぶポイントは、がんの特性です。
がんは誰にでも起こりうる病気であり、高齢になればなるほど発症率も高くなります。
言いかえるとがんに対する保険がいらないという時期はなく、高齢になるほどに重要になっていくということです。
高齢化が進んでいることを考えると、がん保険を選ぶ際には終身型のがん保険を選んだ方が良いと思います
そして、すべてのがんが保障の対象になっているのかどうかも知っておく必要があります。
がんは「悪性新生物」といいます。
保険によっては初期のがんである「上皮内新生物」の場合も保障されるというものもありますが、保障は「悪性新生物」に比べて小さかったり、保障されないという場合もあります。
保障内容を十分理解した上で選ぶようにしてください。
そして「退院給付金」や「通院給付金」が出るのかということもポイントになります。
がんという病気は退院後も通院して治療する期間が長くなるものです。
通院時の保障や退院時の保障についてもチェックしておいてください。
これらのポイントをおさえた上で、気に入ったがん保険に加入してください。
| がん保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がん保険・上皮内新生物

がん保険の加入を考えている方で、よくがん保険・保険の事が分からないと言う方、保険と言うのは結構、落とし穴が多く保険のセールスの方も説明してくれないと言う事もあります。
ので、保険に加入する前に少し勉強した方が良いと思います。
今回は「上皮内新生物」についてです。
がん保険について調べていくとこの言葉をよく目にします。
上皮内新生物(上皮内がん)というものは、粘膜の上の層である上皮の内側にがんができている状態で、ごく初期の状態のがんのことです。
上皮内腫瘍ともいいます。
おもに大腸の粘膜や子宮頚部にできます。
ごく初期のがんですが、肺がん、食道がん、すい臓がん、肝臓がん、膀胱がんもまずはその内臓の上皮組織内に発生するのだそうです。
放置しておけば進行してがんになる可能性が高いのですが、治療すれば3年生存率はほぼ100%なのです。
ですから上皮内新生物は、保障の対象にならない場合があるのです
しかしほとんどの場合治るとされている上皮内新生物といっても治療には費用がかかりますから、保障はあった方がいいですよね。
保障の対象になるのかならないのかは、保険会社や保険の種類によって大きく異なるので、保障されるものを選んだほうがいいと思います。
たとえばチューリッヒ生命の「終身がん保険」という保険や、三井住友海上きらめき生命の「新がん保険」という保険なら、上皮内新生物などのごく初期のがんであってもしっかりと保障してくれます。
加入する際はさまざまな条件をよく確認して、上皮内新生物であっても満額保障されるのか、一部しか保障されないのか、それともまったく保障されないのかをしっかりと見極めなければならないということを覚えておいてください。
| がん保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がん保険・加入のタイミング

がん保険に加入しょうかと考え中の方でがん保険・生命保険について良く分からないと言う方、結構 多いのではないかと思います。
そこで皆さんががん保険の加入のタイミングを間違わないように「がん保険にはいつ加入すればよいか」ということについてまとめてみました。
生命保険のなかの一種であるがん保険というものは、保険会社側としては今まで大きな病気をしたことがない健康な人にたくさん入ってもらいたいという思いがあります。
ですので一般的には今現在病気の療養中の方や、病気やケガになる可能性が高いという方は加入できないようになっています。
ですが一部の保険会社では、がんにかかったことがある場合でも加入できるという商品もありますので、各保険会社の商品のプランや加入条件などをよく確認しておくことが大切です。
ここで一般的に申し込み・契約ができない場合の例をあげてみますので参考にしてください。
病気やけがで今現在治療をしている場合、もしくは検査や治療をすすめられている場合
病気やけがの経過診察のために医師の診察を定期的に受けている場合
健康診断を定期的に受診されていない場合
過去の病気やけがの内容が加入基準の範囲を超えている場合
危険な職業につき働いている、または危険な趣味を持っていたり危険なスポーツをしている場合
ここで挙げたのはほんの一例です。
過去にがんになっていても加入できるプランもありますが、基本的には健康な時期に入っておくことが一番だと思います。
| がん保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフラック・がん保険f(フォルテ)

がん保険は、保険会社の様々なプランによって色々なな商品が有ります。
がん保険と言えばアフラックですが、今回は、アフラックの人気のあるがん保険f(フォルテ)の特徴と保障内容について説明したいと思います。
1.初めてがんだと診断された時に、一時金として100万円を受け取ることができます。
しかしがんといっても「悪性新生物」の場合です。
上皮内新生物の場合も一時金はありますが、金額は10万円とかなり低くなります。
2.診断された時の一時金に加えて、ライフサポート年金により2年目以降もその後の回復をしっかりと応援してくれます。
がんの治療というものは長期にわたる場合がほとんどで、再発してしまう可能性もあります。
アフラックライフサポート年金だと、再発していなくても受け取れますので、検査や検診、健康食品の費用など、ご自分の生活に役立つのです。
これはうれしい限りですよね。
3.がんの治療を目的とした入院は一日目から、日額一万円を制限なしで保障してくれます。
4.一定期間入院した後、がんの治療で通院する場合の保障が手厚く、入院保障と同じで日額一万円が受け取れます。
また特定のがん治療で通院する場合(放射線治療や抗がん剤治療など)は、入院していなくても日額一万円を受け取ることができます。
5.現在増えている先進医療の多様化にも対応しています。
医療の進歩による先進医療が多くなってきていますので、先進医療の保障も手厚くなりました。
がんと診断されたその時から、あなたとご家族を支えてくれるがん保険ですね。

がん保険 デメリット・メリット

がんは、日本人の死因の第一位となっていますが、現在では早期に治療すれば治る病気だとされています病院
だからこそ、もしもの時に備えてがん保険について、詳しく知っておく必要があると思います本
今回はがん保険メリット、デメリットについて調べてみました。
まずはメリットについて説明します。
一つ目は、がんの治療に対してまとまった給付金が出るというところです。
保険会社や加入年月によって多少違いはあるものの、がんと診断された時点やがんによって入院した時点で一時金を受け取ることができるのです。
がんと診断されてから早い段階でお金がもらえるので、健康保険の対象でない最新の治療を受けたり、民間医療などの自由診療を選ぶこともできるようになります。
もうひとつは、入院給付金の支払いに制限がないというところです。
一般の医療保険では、保障される入院日数が決まっていますよね。
しかしがん保険では、長期に亘っての入院や入退院の繰り返しなどにも対応できるよう、支払いに限度日数が定められていません。
ですから、入院日数分のお金をきっちり受け取ることができるので安心して治療することができるのです。
自分の病気が家計の負担になっていると考えると心配で、治るものも治りませんよね。
デメリットはというと、待機期間があるということです。
医療保険にはない待機期間というものががん保険には存在します。
保障開始日から90日間はがんに対する保障はきかないのです。
この期間内にがんと診断されても保険の保障を受けることはできず、支払われた保険料は返金されるということです。
メリットデメリットを十分に理解した上で加入を検討してください。
また保険会社やプランによっても保証は違ってきますのでご自分に合ったものをお選びください。
| がん保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がん保険の必要性を考える

皆さん、御存知ですよねexclamation&question
日本人の死因で一番多い死因は、「がん」なのです。
なので、今回は、がん保険の必要性について調べてみましたので皆さん一緒に考えて行きましょう。
がんは、1980年の脳血管疾患を抜いて日本人の死因の第1位となりました。
それ以降も他の疾患が頭打ちになる中、急速に増加しているのです。
その背景として、高齢化社会があります。
なぜならがんは、「細胞分裂の間違い」とも言われているために、日本人の寿命が長くなればなるほど間違いを起こす機会も多くなっていくからです。
2004年での年間死亡者数102万9000人のうち、がんで亡くなられた方は32万人います。
およそ3人に1人ががんで亡くなられているという計算になります。
これが、7年後の2015年にはなんと2人に1人ががんで亡くなると予想されています。
現在300万人いるとされているがん患者が540万人まで増加するとされており、「がんの2015年問題」とも言われ大変な問題になってきているのです。
がんという病気は、入院したり手術を受けたりとかかる費用が他の病気よりも多額です。
がん保険は一般的な医療保険と比べて、入院日数が無制限というものが普通です。
近頃は、診断給付金が何度も回数無制限に支払われたり、医師によるがん検診を定期的に受けるための「健康お祝い金」というものが出たりと、各社でさまざまな保険が販売されているのです。
がんと向き合って戦うための経済的備えとしてがん保険をオススメします。
ご自身の家系ががん家系だという方は、すぐにでも加入すると安心ですね。
| がん保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。